メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

雑誌

「日本は農耕社会だから〜」のウソ

投稿日:

狩猟文化と農耕文化の違い・・・狩猟社会って例えばどこ?

日本は農耕文化だから協力する必要があり協調性がうまれ、和を重んじるようになった・・・とはよく言われる説であります。

NHKの『睡眠負債』では農耕文化と狩猟文化の観点から日本人の睡眠時間の短さに言及しています。
農耕文化では集中力が必要とされず、単調作業を長くやるだけメリットが増えるので、睡眠時間が短くなる傾向があり、狩猟文化だと短時間に高い集中力が要求されるため睡眠時間が長くなるという考え方です。
欧米は狩猟社会なので睡眠時間が長く、日本は農耕社会なので睡眠時間が短いとのこと。

しかし・・・欧米って狩猟社会でしょうかね??
狩猟社会って農耕が発明されてから駆逐され、残ったのはごくごく一部だけ。
今現在大きな人口を持っている地域ではどの地域でももれなく農耕で食いつないでいた・・・と思うのですがどうでしょうか。

狩猟社会では大きな人口を支えることができないのは明らかです。
歴史的にいっても、日本が弥生時代(紀元前700年ごろ?)のころローマ帝国建国(紀元前753年)ですから、ローマという巨大都市が成立していることからいって、日本が別段農耕社会が長いとも言えなさそう。

また、放牧など家畜も育てる面からいって農耕と言えるので、ますます疑問。
狩猟社会と農耕社会って並立するものではなく、置き換わったものだと思います。

よくいう日本は農耕社会だから〜というくだりはなんとなく納得してしまいそうですが、本当にそうなのか??

AIで消える商法

「AIで消える職業、消えない職業ベスト〜」・・・

いろんな媒体で頻繁に目にするタイトルで、どれもランキングはだいたい同じで飽き飽きしてはいるもののつい見てしまう。
不安感を煽り、読みたい気持ちにさせる典型のようなものですね。
不安定な世の中、自分の職業あるいはなりたい職業が入っていたら・・・?と気になる。

どれを読んでみてもだいたいの結論は、「客との密なコミュニケーションが必要な職業は、変わることがなく比較的安泰といえる」ということ。

年収の上げ下げを額まで予想しているところもあって、どれぐらい正確なの?って感じがしますね。

ところで、コレ読んでもろに消える職業だった場合、どうすればいいんでしょうか・・・。
大量にその業界からいなくなった!という話を聞かないので、しばらく後なのでどうにかなるだろ!と考える人が大半だと思います。
そりゃそう、単なる雑誌やテレビの情報で(しかも10年後)職を変えるわきゃない。

結局、不安は10年後だからコンテンツとして消費できるわけですね。
長く続くので真偽が明らかになるまでに時間があるのもプラスです。

不安商法として、参考になりますね。
これからも頻繁に見かけるようになるでしょう。

言葉・制度だけのリベラル・アーツ

教育に関する文章でよく目にするのが「リベラル・アーツ」
専門の学問だけでなく、複数の学問を専門的に学ぶ(理系・文系問わず)ことで見識を広める、ということです。
アメリカの大学では例えば法律学と生物学、のように2つの専攻をとることが言われます。

文脈としては、かつての日本の国立大学にもリベラル・アーツがあり、社会常識を身につける場であったり専門バカにならないように、として大学生によい影響を与えてきた。
しかし即戦力を期待する企業側の思惑もあってリベラル・アーツは廃止され、地盤沈下が始まった・・・という具合です。

国立大学でリベラル・アーツが残っているのは東京大学しかありませんでしたが、最近ではリベラル・アーツが見直されているとのことです。

理由は、専門技術より創造性が重視される時代だから。
2つの分野を横断的に学んだ人材は、複眼で考えることができ、従来のあり方を覆しよりよいものを生み出せるから。
専門技術がひとつあったって、代替されてしまい、渡り合えない世の中なのです・・・。

フーンとそりゃ理想的だなと思っていたのですが、衝撃的な文(05/12週刊ダイヤモンド、49ページ)を見つけました。
一部分だけ要約すると・・・

リベラル・アーツ教育を行っている東工大のある生徒がレポートに対して「評価軸はどこにあるのか」という質問をしてきた。
しかし評価に基づいた考えかたをするんじゃなくて、自由に発想するかなんだよな・・・リベラル・アーツの意味ねえじゃん・・・という感じ。

重要なのはどれを学ぶかじゃなく、枠としての考えかた、新しいものを創造するかってことなんですね。

あれ生徒に伝わってなくね?と感じがしますがなるほどーと思いました。
教育とセットで語られるのが評価ですが、そもそも一つの軸で評価できるものでもない・・・軽く矛盾してますが、ここが難しいトコなんですね。

 

-雑誌

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.