メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

ニュース

ジャニーズの写真がネット公開解禁。雑誌は?二次利用は?

投稿日:

ジャニーズの写真がネット解禁された

ジャニーズ事務所は31日付で、所属タレントの写真のネット掲載を解禁することを発表した。これまでは、タレントの肖像権保護の観点から肖像や映像の使用制限をしていた。今回は、記者会見、囲み取材、舞台あいさつなどタレントが登壇した際の写真は、webニュースサイトで使用が可能になった。ただ、一部制限があり、写真は原則3枚まで。2次使用は不可となっている。ジャニーズがタレントの写真をネット解禁へ 錦戸亮が第1号に - ライブドアニュース  

ポイントは、解禁になるのはタレント登壇時のみだということ。
そして二次使用は不可能なので、実質解禁の対象になるのはその登壇を取材できる一部大手ニュースサイトだけみたいですね。
なので例えばこのサイトで登壇時の画像を公開した場合アウトですね。零細すぎてわざわざチェックにはこないと思いますが笑。

また、ハフィントンポストに記者会見場で配布したリリース全文が公開されています。
詳しいところ、グレーな部分は、このリリース文を読んで解釈しましょう。

ジャニーズの写真、ついにネット解禁。錦戸亮が笑顔で記者会見

「羊の木」よりネットニュースで公開可能になることが明確に記されていますね。
確かに他ニュースサイトでも、会見している錦戸亮の画像が公開されていました。

そもそも今までは?

ネットで読める雑誌ではどのように表示されていたか

ドコモが提供する雑誌読み放題サービスである「dマガジン」。
週刊誌のグラビアになることも多いジャニーズですが、dマガジン上では切り抜かれて表示されます。

全体がジャニーズの写真だとこの通り(サンデー毎日1月号)、

わけのわからない画像となってしまいます。

雑誌の中身全体でこの処理がしており、出版社側の手間などは計り知れません(ジャニーズ側が料金を払っているのかもしれません)が、過去に訴訟を起こされて賠償金をとられた例があり、従っているようです。
このように意味不明な表紙になるのは雑誌側にとってかなり不利益だと思いますが、そもそも読み放題サービスなので少なくなってもいいかというスタンスなのかもしれません。

むしろ紙の媒体を買わせるように仕組まれているのかもしれませんね。つまり出版社とジャニーズにとってウィン・ウィン・・・。

ほかのタレント事務所がネット公開OKなのは、ネット公開によって得られる不利益 < 利益だからですね。
つまり、露出度が高まることでの知名度などのメリットが大きいからです。

ふつうメリットのほうが大きそうですが、知名度はテレビで十分と考えているのかもしれません。

ちなみにデメリットとは、電子データとして収集されて販売されたり、加工されたりすることです。
たしかにブランド価値を毀損し、不利益にはなりそうです。

とはいえ画像のネット利用を遮断は十分に知名度があり、成長していて、業界に力があるからこそできることですね。

ネットニュースでは?

例えば、エキサイトニュースのある記事では、

香取慎吾「結婚宣言」も厳しいギャラ激減事情 - エキサイトニュース(1/2)

で、アイキャッチ画像には香取慎吾のイラストが掲載されています。
内容的には、AbemaTVの番組に出演し、誕生日を祝福されたということで、普通に番組の映像を載せれば(番組に許可を取って)よさそうなものですがジャニーズの方針によって画像掲載が認められていないのでイラストになっていました。

また、

深キョン、インスタに“香取慎吾の写真”お断り - エキサイトニュース(1/2)

では、画像が掲載されています。
「画像は香取慎吾のInstagramより」とあり、ジャニーズとしてでなく本人のインスタであればOK?という見方ができます。

雑誌の表示は変わらない

今回の発表では、webニュースサイトのみ・登壇時の画像使用解禁がアナウンスされました。

よって、雑誌での画像が切り抜かれた処理は変わりません

公式SNSでの使用OK、通販サイトでの使用OK、と徐々に解禁していっているので、そのうちOKになるのは確実ですが、雑誌に関しては出版社の利権も関わってくるので、難しいかもしれません。出版社側もやはり電子版にたいしては対応が遅いですからね。

そもそもジャニーズ事務所の画像使用禁止が時代遅れなのは言うまでもないですが、解禁のペースも遅いですね・・・。大丈夫でしょうか?

まとめ

これからwebニュースサイトでジャニーズの画像を見ることが増えそうですね。
一方で二次利用が不可能だったり、雑誌で切り抜かれた状態になるのは変わりません。

よってこの解禁に意味があるというよりは、その流れに注目すべきだと思います。
確実に解禁になるとは思いますが、時間はかかりそうです。

-ニュース

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.