メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

週プレ

何にせよ熱中すると社会生活に支障を来すのは当然。ゲーム障害

更新日:

WHOがゲーム障害を疾病と認定

WHOがゲーム障害を疾病と認定しました。症状としてはオンラインゲームなどに熱中し社会生活に支障をきたす、ということになっているよう。
世界でも違和感をもって受け止められているようです。親とか、ゲームしない人たちからすると当然!かもしれませんが、やる人からするとそれは違うと思うんですよね。
Eスボーツも流行ってきてるのて、世間でスポーツとして認められる潮流に反した動きですね・・。それが病気と認定されてしまったことは非常に残念。

ホリエモンとひろゆきのコラムでは、二人らしい主張。熱中して社会生活に支障が出るなら研究者やエンジニアもそうじゃないかーー何にせよ、熱中は悪いことではないーー。

熱中もせずにだらだらやるプレイスタイルこそ何も生まない。だらだら飽きたら終わり、迷ったら攻略サイト、動画でどうやったらいいかすぐ見る。そうした姿勢は、何の生産性もなくただの時間潰しにすぎないと思います(私のゲームスタイル)が、驚くようなことをするガチ勢の人たちはほかのことにも転嫁できるんじゃないのか??

当然死者が出るくらいだとまずいので(韓国ではあったらしい)そこらへんは症状認定してもいいと思いますが、WHOの定義は広すぎ。絶対ゲームやらない人だろ。病人呼ばわりするなですよ。

官僚が教える勉強会で政治家が洗脳

よくニュース等で聞かれる勉強会。そこでは、官僚が先生となって政治家に情報を与えているようです。官僚は自分のキャリアアップに基づいて情報を授け、官僚と違う認識の政治家がいれば政治通ではないとし、情報を上げないようにする。なので政治家はそれを鵜呑みにし、ほかの方策については封じ込められる。結局官僚のいいなりで、官僚は国益ではなく自分のキャリアアップのために行動している(局の属する国によってキャリアが変わる、北米が一番)ので、日本の国際政治は変わらない、ということでした。

リリー・フランキーの人生相談

この企画、構成が吉田豪なんですね・・・。だから異常に尖ったところを持った素人が出てくるんですね。高いインタビュー力でイロイロ尖ったところを引き出してる感じがすごいします。

ミスコンのミスリード

美を競うのは差別でも何でもないのだが、一部の男は男のためにやっている、媚びてるとカンチガイして、それが男女差別の原因になっている部分がある、というのが問題。アイドル活動にしても同じ。男女差別問題難しいです。無意識下に刷り込まれたところを指摘されたりしてハッとなることもあります。援護してるつもりが、逆に無意識の差別意識だったり。それほど社会に組み込まれた根強い問題。

低能先生事件の異様さ

ネットセキュリティ界の有名人(らしい)、岡本氏が「低能先生」なる荒らしによって殺された事件。以前に被害者は「低能先生」を荒らしとしてブログ認定し、複数のサイトでアカウント凍結されたことを根に持ったよう。面識なく、純粋にネット上のトラブルだけで起こった初めての殺人といえます。

決して現実世界に浮かぶことのなかった、荒らしの人格像がひとつ明らかになりました・・・やはり現実世界でもロクなヤツじゃないってことですね・・。

参考

週プレ

-週プレ

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.