メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

日経新聞

新卒採用の離職率の高さ是正には採用される側からの認識を変えることも必要

投稿日:

日経読んでで気になったところのメモ。

五輪期間、休み柔軟に

スポーツ庁と文部科学省が大学・高専に対して大会開催中の学事日程を柔軟に変更するように求める通知を出した。
五輪期間中の7月24日〜8月9日、パラの8月25日〜9月6日は、授業や試験期間中と重なっている。

期間中を避ける手段としては、早めに授業を開始したり、短縮があるようです。夏休みに入るのは8月の1周目〜2週目のところが多いので、夏休みへ入るのを早めるというわけですね。

学生の参加は教育的な観点から意義があるという判断があったようです。が実際は無償・長時間のボランティアに人が集まらない(当然)ので、学生に頼もうというわけですw

まあ普通の社会人は無理だし、老人は体力と暑さと無償労働に耐えられるか?と考えていけば体力と時間がある学生しかいないですね。
タダ働きも「いい経験になる!」とか丸め込めそうですし。

一部では「学徒動員」と言われているとか。

強制しているわけではないので言い過ぎですが、国家をあげてのイベントへ向けて着実に準備がされてるなーと感じた記事でした。
個人的にはスポーツにも五輪にも何の興味もないので、普段どおりの日々を過ごすことになりそうですが。

口火を切って発言

ハーバード大の女性教授のコラム。
彼女がコロンビア大学在籍中、同じ内容でも女性は正当な評価を受けられないと感じた。
議論でも発言の機会は得にくく、学ぶ困難を感じていた。

相談した教授からは「いつも真っ先に質問する」という助言をもらい、議論に積極的に入っていけるようになったという。

確かに最初に質問・発言すると後の議論に入っていけるというのはあるあるです。

日常のコミュニケーションでも、最初に発言すると主導権を握れ、会話の方向性を左右できますよね。
逆に最初話さないと、最後までほとんど話せないこともある。

最近の出来事…あまり親しくはない4人(教授+学生3人)と車内で過ごすことになった。発言できずそのまま成り行きを静観していたところ、1人が音楽の話題について発言した。

するとほかの人はそれなりに音楽をやるという共通点があり、延々と音楽、アーティスト、フェスについて派生して話しているのだが、私は音楽についてド素人(聞く方も、演奏する方も)なので全くわからず、ただ流れていく、豊かな自然の景色を眺めるだけのロボットと化していた。会話の90%がわからないので置物ともいえる。

話の流れは変えられない気の弱さなので、最初が重要だ、と心に誓ったのであった。
大学生ってなんでこんなに音楽系増えるんですかね…高校とか中学では少数派じゃなかった??

私の職との出会い

就活生に向け、自分とは何かを考えるヒントを与えてくれる書籍と、引用文を紹介していた(リンクはAmazonです)。

『岩崎彌太郎「会社」の創造』

『会社員とは何者か?』

『働くということ』

『新13歳のハローワーク』

『無趣味のすすめ』

『組織のなかの人間』

『仕事が人をつくる』

『仕事の哲学』

けっこう高騰している本もある笑。

背景には新卒採用の離職率の高さがある。

重視するのは会社より私生活!とする人の比率は上がっているが、会社には依然として残業があり、休日出勤があり、それが理想との乖離を生み、離職へとつながる。

長時間労働が悪とされ、是正される方向へと動いてはいるものの、現実的に社会が動くのは遅い。

ならば新卒生に少しでも労働のよさ・意義を学び意味を見出す方向に動いてほしい、というのがこのコラムの意義。
外部環境を変えるのではなく、自分自身の認識を変えるということだ。

新卒が辞めるような会社や社会が悪い!となりがちですが、労働者のほうも考え方の変化も必要だと。

コンビニ跡に家族葬向け斎場

葬祭業の清月記(仙台市)が撤退後のコンビニを活用した小型斎場をオープンした。
小規模な葬儀が増えており、コンビニの広さが適しているとした。

おそらくコンビニからの葬儀屋で記事になったんでしょうw
ちなみに撤退したコンビニはサンクスとのこと。

近所でも撤退したサンクスが、焼肉屋になってました。

ほかのコンビニチェーンはすぐ取り壊しちゃいますが(ブランドイメージのため)、サンクスではOKなのかもしれないですね。
ファミマに吸収されたのも関係している?

コンビニ〜万店限界説が更新され続けてきましたか、さすがに頭打ちになってきた模様で、これから撤退が増える可能性があります。
他のチェーンでも店舗の再利用が見られるようになるかも?

参考

日経新聞7月30日号

-日経新聞

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.