メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

政治・社会

福田事務次官セクハラ問題を整理してみる

投稿日:

福田事務次官セクハラ報道があったと思ったら次は新潟知事、次はジャニーズ、と続々出てきますが、いかがお過ごしでしょうか。

セクハラ報道に関しまして、様々な立場と意見が錯綜していますので、整理してみようと思います。

福田事務次官

週刊新潮にてテレ朝女性記者へのセクハラ発言がスクープされた。

しかしセクハラ発言を否定。
録音音声は、そういうお店で言葉遊びをしていた音声かもしれない、とのこと。
言葉攻めな感じの店なんですかね笑。

セクハラはなかったとしつつ、事務次官を辞任。

テレ朝の女性記者

1年前に福田事務次官に呼び出しを受けるなどして困っていたが、上の指示により行かないようになっていた。
しかし4月4日、他局が財務省の口裏合わせ疑惑をスクープしていたため裏付け取材をしろとの指示が出ていたため、情報を取るため誘いに乗って会いに行く。
自分の身を守るため、録音。

自身で録音したセクハラのテープをテレビで放送するように直属の上司(女性)にかけあうが、本人(本人特定等)や局全体(政権から情報が取れなくなる)への悪影響と考え放送は見送られる。

問題を公表するため、週刊新潮に持ち込み、テープも提供する。

テレ朝

週刊新潮にリークされた後事実確認し、自社の記者にセクハラ被害があったと発表。

一方で、「社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、テレビ朝日として遺憾に思っている。」とした。テレ朝女性社員、週刊新潮へのリーク理由は「セクハラが黙認される危機感」  

テレビ局は政権や官庁から情報を取るためにそうした取材に関した報道はしにくい(あとあと情報を取りにくくなるため)。

麻生財務大臣

福田事務次官擁護。ハニートラップ説も言っていた。

テレ朝に被害者女性の公表を求めたが、反撃しているようにしか見えず批判された(実際は事実確認のために公表はやむを得ない)。

女性擁護説

女性週刊誌などに多かったのは女性擁護。
福田事務次官はもちろん、公表をやめさせようとしたテレ朝も批判の対象となった。
そもそもテレ朝はじめテレビ局(新聞とかも)が情報を取ろうとして男性政治家・官僚に若い女性をあてがっていたことから問題である、と言う論説が多かった。

#Me Too運動と絡めて、女性記者を賞賛している文章も見られた。

そういう業界説

男性政治家・官僚には若い容姿端麗な女性をあてがい、女性政治家には若いイケメンをあてがうやりかたはよく見られる。
テレビなどの囲み取材を見ると明らかで(だからヘンな質問が多い)、そもそもそうやって情報を取ってこさせる業界である。

女性にもメリットはあったはずで、そこらへんを抜きにして一足飛びに報道倫理を無視して公表というのは手放しに賞賛してはいけないのでは・・・という説。別に福田事務次官を擁護しているわけではないのがポイント。

変わったところでは、そうやって情報を取ったり、枕営業をして成り上がるのは一手段、とした外国の女優もいた。

 

-政治・社会

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.