メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

dマガジン

dマガジンで読めるおすすめ雑誌10個!

更新日:

雑誌読み放題サービス、Dマガジン。あまりの多さに、どれ読んだらいい?っていう人もいるのではないでしょうか。
ということで、月に20冊は雑誌を読む私が、おすすめを紹介していこうと思います。
重要なのは、あんまりおもしろくないなーと思ったら容赦なく飛ばし読みすることです。

私はエッセイやテック系記事が好きなので、それを反映しています。

1.週刊文春

総合週刊誌。
文春砲で有名な、ちょっと下世話なニュースのイメージ・・・がありましたが、後ろのエッセイ・コラムは面白いです。

宮藤官九郎のいまなんつった?や、みうらじゅんの人生エロエロ、万城目学の人生論ノートあたりがとてもおもしろいです。

ただ有名人あげただけじゃんwと言われそうですが、おもしろいので仕方ないです笑。

2.週刊ファミ通

ゲーム雑誌。
最初に文春したおっさん臭がちょっと消えるのでは?消えてない?

最新ゲームのところはけっこう適当に読み、目当てのPCゲームやインディーズゲームのところを読むことが多いです。
PS4とかswitch持ってたら危なかったと思います。

桜井政博や伊集院光、大塚角満のコラムが面白い!

3.週刊アスキー

パソコン雑誌。
パソコンだけでなく世の中の最新技術のニュースが満載です。
このなかのいくつかは普通に使われるようになるんだろうなー、と妄想するのが楽しいです。
逆に最新技術でもてはやされながら倉庫の中で眠っていくモノもあったりして。

少しだけPCゲームを紹介するコーナーがあるので、そこも密かな楽しみです。

今週のグラビアのコーナーは、みんな女の子が微妙なのは仕様なのでしょうか・・?いつも読み飛ばしてしまいます。

4.週刊新潮

総合週刊誌。
週刊文春から下世話さを薄めたような雑誌です。

コラムが多くて、楽しいです。
でもこれ!って感じの毎回すごくおもしろいのはないのは残念。

そんな中でも、壇蜜のコラムは面白いと思います。

5.週刊朝日

総合週刊誌。
新潮から下世話さをさらに薄めました。
コラムがかなり多いですが、真面目な話題が多く読み飛ばすことも多いです汗。

6.週刊東洋経済

経済誌。
カタい記事が多いですが、特集の内容によってはすごく面白いものがあります。

例えば「20年後の日本」、「学び直し術」、「大学が壊れる」あたりは面白かったです。
逆に「電力激変」なんかはよくわからなかったですね・・。

基本的に恐怖を煽ってくるので、不安になりやすい人は読まないほうがいいかもしれません。

7.週刊ダイヤモンド

社会誌?
これも基本カタく、ビジネスマンが読みまくってるイメージです。
ですがやはり特集が面白いことがありますので、チェックしておくとよいでしょう。

週刊東洋経済に比べて話題が社会全体になっているのが特徴です。

8.サイゾー

総合誌?
基本下世話で意外とカタいところもある、よくわからない雑誌です笑。

独特な視点の記事や特集が多いです。
例えば「ヤバい!雑誌50」とか、「閲覧注意!なネット動画」とかですね。
雑誌50では、普段しれない雑誌業界のことについて書かれていて面白かったです。

ハマる話題だったら最高に面白いですが、当たりハズレが大きいかもしれません。

9.GoodsPress

モノ雑誌?
いろんな欲しくなるようなモノに関する情報が満載の雑誌です。

イヤホン、家電からキャンプ道具、オフィスグッズ・・・といろんなこだわりのモノを紹介しています。

まあどれも欲しくなりますね。カネがほしいと本気で思います。

10.〜ウォーカー

旅行雑誌。
〜には東京だったり、関西だったり、北海道が入ります。

旅行に自発的に行こうとは思いませんが、こうしてキレイな景色などを見ると、行こう!となるので積極的に読むようにしています。

さいごに

いろんな雑誌を読みましたが、女性誌にはまだ進出できていません。
自分が知らなかったジャンルの雑誌を見てみるのが意外とおもしろかったりするので、女性誌にもかなり面白いのがあるはずです。

最近の若者は欲がないと言われますが、それは雑誌を読んでいないからだと思います。
テレビじゃ、一般的すぎてダメなんです。
もっと自分に刺さる情報を求めれば、本当にほしいモノが見えてきます。

そして知らない世界があることを知り、興味がさらに広がっていきます。

雑誌ライフを、楽しんでいきましょう!

-dマガジン

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.