メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

dマガジン

dマガジンの最強の利用方法を解説。タブレットが絶対オススメ!!

更新日:

今回はハード的な面から、dマガジンを最大限利用する方法を紹介していきます。

タブレットが絶対オススメ

文字が読みやすい

現状、dマガジンを利用するためには3つの方法があります。
1.パソコン
2.スマホ
3.タブレット

です。パソコンについては、ブラウザでの利用となります。
画面が大きく、読み込み速度も早くて快適そうだと最初は思うのですが、ブラウザ版での利用には大きな欠点があります。

それは文字が読みにくいということです。
文字が読みにくいというのは、拡大縮小ができないというのもありますが何より問題なのは、文字が画像として読み込まれているということです。
その画像がさほど高画質でないので、滲んだ感じで非常に読みづらいのです。

PCでの表示。20インチ程度に引き伸ばしたものが実際の表示になる。再描画されないため画像を引き伸ばした感じになり、文字が読みづらい。

これがスマホやタブレットのアプリ版だと、拡大しても文字が再描画されていて、読みやすいのがわかります。

拡大してもくっきり。拡大率を変えるたび、文字が再描画されるため、ぼやけない。(Kindle Fire HD10)

アプリ版といいましたが、現実的にはスマホだと画面が小さすぎて閲覧が不可能なので、タブレットが最高の選択になると思います。

自動ダウンロード機能で、モバイルネットがなくても読める

dマガジンの閲覧にはタブレットが最高だと主張しました。
これはwifiの完備された自分の家や、マクドナルドだけの話ではありません。

場所を問わず、タブレットでの閲覧は無敵なのです。
例えば飛行機の中だろうと、新幹線(最近はWifiがあるらしいけど)だろうと、ゴビ砂漠の中でもです(砂が入らないように注意)。

どういうことかというと、dマガジンアプリには自動ダウンロード機能があるのです。
「お気に入り」したものが配信されたときに通知してくれるだけでなく、自動でダウンロードしてくれます。

なので電波がなくても、思う存分閲覧ができるのです。

家では充電だけして放置しておいて、出るときに持って電車に乗れば、車内で読書し放題です。
さらにダウンロードされているので、超速表示でき快適です。

パケット面に関して言うなら、『週刊文春』は40MB、『サンデー毎日』45MB、『週刊ファミ通』200MBとなっています。
SIMの契約パケットが少ないならばけっこう厳しいと思います。
また、3〜4ページを随時ダウンロードなので、早くページ送りができません。

Kindle Fireでも利用できる

ということで、タブレットでの利用がおすすめなのですが、どのサイズを選べばいいのか迷いますね。
見るべきはサイズ解像度値段。これだけです。ほかに違いはありません。

サイズは片手で持ちたいなら6,7インチ、見開きでみたいなら12インチ以上ほしいです。
ただし12インチ以上になると持っているのがきついので、あまり現実的ではないかもしれません。

解像度は実際に店に置いてあるものを触ってみないとなかなかわかりません。
解像度が高く見えても、画面の大きさが大きくなると結局粗く表示されます。

私が把握している中では、10インチだと1920x1200でキレイに見える最低ラインだと思います。
iPadなんかは確実にこれ以上の解像度なので、迷ったらiPadで間違いありません。

でもiPadは高いし、雑誌読む用に買うのもなあ・・・と思いますよね。
Amazonの、Fireタブレットがおすすめです。

Fire HD 10だと10インチで1920x1200、16000円くらいで買えます(セール中で、プライム会員だともっと安くなる)。
これはかなり安く、ほかのタブレットにはない値段で、そこらへんの中古電気屋よりも安いです。

Amazonはこのタブレット自体で儲けようというのでなく、Amazonが提供する動画・音楽・読書サービスに引き込むことで儲けようというスタイルなのでこの値段が叩き出せるのだと思います。

でも、ひとつ注意点があり、一般的なAndroidOSではないためGoogle Playからアプリのインストールができないのです。
Amazonストアからアプリをインストールしなければならないため、普通だとインストールできるものがそう多くはありません。

しかし、カンタンにdマガジンは使えるようになります。

Kindle Fireとは別に、dマガジンがインストールされたスマートフォンを用意しGoogle Playから「Apk Extractor」をインストールします。
インストール後起動すると、アプリを選択する画面が出るのでdマガジンを選択しましょう。

次にスマートフォンでGoogle Playから「ES ファイルエクスプローラー」をインストールします。
起動し、検索画面からdマガジンを探し出し、クラウドや、PCから見える「Download」フォルダなどに保存します。

Fireタブレット側でも「ES ファイルエクスプローラー」をインストール。
設定→セキュリティとプライバシー→不明ソースからのアプリに、チェックを入れます。
先ほど保存した場所で、dマガジンをタッチし、インストールを押します。

無事、インストール完了です。

スクリーンショットも撮ることができます。

お気に入り機能

右上の設定タブ→お気に入りをタップ。

お気に入り登録で雑誌を登録します。

次に、お気に入り設定で自動取得(新着通知)にチェックを入れておきます。

次に、設定タブ→ダウンロードをタップ。

記事閲覧時のダウンロード設定と、「自動取得」「あとで読む」のダウンロード設定にチェックを入れます。

こうしておくことで、新しく配信されると自動でダウンロードされるようになります。
また、お気に入りに入れていなくても、一度でも開くと全部ダウンロードしてくれます。
どこでも読め、読み込みが早くなります。

クリッピング機能は微妙・・・

また、機能の一つにクリッピングがあります。
これは雑誌のページを保存しておく機能です。

クリッピングすると〜月号の〜ページ、ということもわかって便利なのですが、100件までしか登録できない上に、管理する機能が弱いのであまり使えません。
雑誌にページや〜号というのは載っているので普通にスクショでいいと思います。

さいごに

中学高校のとき雑誌を買いたかったですが、カネがなくて買えなかったのを覚えてます。
そもそも田舎で雑誌をそんなに知っていたわけでもないのですが、あのときに使えたら・・と思います。

子供の教育にもいいかもしれません。でも遊べたりもするからダメなんですかね・・・。

ホントこれで月432円ってすごすぎですねー。

ラクな姿勢で読む方法もどうぞ。

-dマガジン

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.