メディアのQuestionを解決する総合ブログ

A&Qニュース

NETFLIXオリジナル作品

NETFLIXオリジナルドキュメンタリー「食品産業に潜む腐敗」紹介

投稿日:

はちみつ、アレルギー、ニンニク、チキン、ミルク、魚・・・に共通するものが何かわかりますか?

それは、アメリカが問題を抱えている食品産業の分野だということです。

農業大国でもあるアメリカでの問題は日本と無関係ではありません
むしろ輸入に頼っている分問題はより深刻でしょう・・・。

そんな問題を取り上げているNETFLIXオリジナルドキュメンタリー「食品産業に潜む腐敗」を紹介していこうと思います。
消費者、生産者、加工者や企業、個人といった様々な視点から問題を俯瞰することができます。

共通するテーマ

タイトルの通り、食品産業の問題を取り上げているのですが、各話でテーマが異なります。
タイトルは以下のようになっており、簡単なあらすじも書いておきます。
カッコ内は主に取り上げられている食品になります。

1.はちみつは甘くない(はちみつ)

全世界ではちみつの需要が非常に高まっているが、生産量は比例して増えているわけではない。
そのカラクリとは・・・?

農家のはちみつの増産を妨げる問題も取り上げている。

2.食物アレルギー(ピーナッツ)

※主に重症化しやすいというピーナッツ・アレルギーに焦点を当てたものになっています。

全世界で、食品にアレルギーを持つ子供が増え、重症化するケースも増えている。

特にピーナッツは非常に優れた食品であるが、重症化しやすい。
外食産業に求められる安全性が揺らぐ自体となることもある。

生産者、加工者、消費者のそれぞれがアレルギーを持つ人に対してできることは?
アレルギーの原因、新たな治療法にも迫る。

3.仁義なきニンニク戦争(ニンニク)

独特の風味をもつニンニクは、アメリカをはじめ全世界で非常によく使われる食品のひとつになっている。

アメリカでは多くは中国からの輸入で、農家を苦しめている。

あるダンピング疑惑に挑む弁護士、農家はどうなるのか・・・?

※途中から訴訟が絡んできて非常にややこしくなります。食品とはやや離れたところがあります。

4.真っ黒なチキン(鶏肉)

鶏肉は飼育・生産のしやすさから、2020年には世界で最も食べられる肉になるという。

利益を追求する加工会社の下で働く契約農家たちの苦悩とは・・・。

5.絞りとるのはミルクか金か(ミルク)

昔ながらのアメリカの酪農は危機に瀕している。食生活の変化により牛乳が飲まれなくなったためだ。

代わりに流行しているのが、殺菌処理しない「生乳」。
そのリスクとは・・・?

6.もし海から魚が消えたら(魚)

魚の消費量は、半世紀で2倍になっているが、魚の数は減り、海はその需要に応えきれてはいない。

原産国のわからない輸入された魚、規制。

漁業が、変わりつつある。

映像+基本事項の解説でわかりやすい

問題となっていることが非常にわかりやすかったです。

それは、実際の映像や、図で、イメージしやすいことが大きいと思います。

また、基本事項の解説も詳しかったと思います。
例えばはちみつをどのように生産しているのか、という解説がなければ生産のどの課程が大変で経費がかかるのか、問題の温床になるのか、というのは実際の生産過程を理解していないとわからないので、基本情報の解説は何よりも重要です

このドキュメンタリーは農家など、問題に直面している人のためのものではありません
誰もが、社会問題となっていること、自分の身に降りかかってくることを認識できるものでした。

農業なので、アメリカに限った問題の話でもありません。
日本の問題を考える視点の一つとして、大きく参考になると思います。

逆に・・・
NETFLIXオリジナルドキュメンタリー「汚れた真実」はアメリカでの個別の企業や国の経済的な問題を明らかにしているので、わかりづらいところがありました。
元からどれだけその問題を知っているか、の基準が日本で住んでいる人で違うので、あまりよくわからないのです。

 まとめ

汚れた真実」 に次ぐノンフィクション・ドキュメンタリーでしたが、こちらは大当たり。とてもおもしろかったです。

全く自分の知識のない分野を解説してくれる映像は、理解が非常にしやすく、その分野に興味を持つための非常によいステップになります
良質なドキュメンタリーを見て、視野を広げていきましょう。普段のニュースが違って見えるかもしれません。

-NETFLIXオリジナル作品

Copyright© A&Qニュース , 2019 All Rights Reserved.